確定申告の医療費控除「不妊治療」は対象になる!

サラリーマンの方で年末調整をしていても確定申告で医療費控除を使えば税金が還付になるケースがあります。
この医療費控除は「治療」を目的とした医療行為を受けた場合に対象となるので、予防や美容目的などの医療行為は医療費控除の対象外になってしまいます。
最近は妊娠・出産関連の医療行為による医療費控除で「対象になるのか・ならないのか」で良く迷われる方が多いのは「不妊治療」なんだそうです。
確かに不妊治療は「治療」といっても「病気なのかどうなのか」ちょっとわかりづらいところでもありますよね。
不妊治療にはお金がとにかくかかりますので、医療費控除や助成金は利用しない手はありません。
また、不妊治療に限らず、同一世帯で医療費をまとめて控除の計算ができますし、過去5年をさかのぼって確定申告することも可能になります。
不妊治療の医療費控除で対象となるのは検査代、薬代、不妊治療のための鍼灸治療やマッサージ代も対象になるそうです。
ちなみに医療費控除は合計10万円を超える場合にそもそもの対象になりますので、まずは源泉徴収票を確認するところからはじめてみてくださいね。